トラッキングツール

サーチコンソールの始め方と活用方法

サーチコンソール(Search console)とは?

サーチコンソールは、Google検索結果の「トラッキングやサイトの管理・分析」を行うGoogleの無料ツールになります。SEO対策では必須なツールで、SEO担当やアフィリエイターの方などは馴染みあるツールになるかと思いますが、メディアプランナーも広告主のサイトが、「どのようなキーワード」で「どれくらい表示され」「クリックがあった」のかを把握することで、プランに活用出来ることもあるかもしれません。

どのようなことが分析出来、把握が可能なのかを知っとくことが重要になりますので、ご参考にして下さい。

早速、サーチコンソールの概要を説明致します。

サーチコンソールで出来ることですが、検索結果でオーガニック経由の検索トラフィック、サイトのインディクス、クロール状況、モバイルユーザビリティ、内部リンク関連等の視点からサイトを管理が出来、パフォーマンス改善に役に立つツールになります。

ポイント

  • 検索トラフィック
  • サイトのインディクス
  • クロール状況
  • モバイルユーザビリティ
  • 内部リンク
  • セキュリティと手動による対策

同様にGoogleの解析ツールである「Googleアナリティクス」も活用している方は非常に多いかと思いますが、Googleアナリティクスは、「サイト訪問後のデータ解析」です。一方、サーチコンソールは、「サイト訪問前のデータ解析」になりますので、それぞれ分析可能な事柄が異なります。※後程、機能紹介項目で解説致します。

サーチコンソール(Search console)を登録する方法

サーチコンソールを活用する為には、Googleのアカウントを登録する必要があります。すでにGoogleアカウントがあれば、そちらをご活用頂く形で問題ないです。Googleアナリティクスなど、何かしらGoogleアカウントがあるはずです。個人の方は、Gmailのアカウントでも問題ないです。

以下の手順に則りサーチコンソールのアカウントを取得してみて下さい。

1. サーチコンソールにアクセスし、Googleアカウントでログインします

ここでログインするアカウントが決まりますので、設定したいGoogleアカウントで登録することをオススメします。サーチコンソール 登録

2.URLプレフィックスへURLを入力します

プロパティの設定 保存

今回は、URLプレフィックスの登録方法を記載します。すでに取得済みのURLをこちらに入力し、登録を進めて下さい。設定しているURLになりますので、httpsのありなし、www.のありなしなのかをご確認の上、登録する必要があります。Googleもhttps://を推奨しているので、恐らく「s」ありかと思います。

3.「別の方法」を選択し、HTMLタグを選択します

キャップチャーがなく、恐縮ですが、続いてHTMLタグという項目が出てきますので、選択して下さい。

4.コードをコピーしてサイト内のheadタグに記載します

コードが吐き出されますので、広告主のサイト、ご自身のサイトに吐き出されたコードを記載して下さい。記載する場所は、<head> ~ <head/>の間に入れます。

アップロードが完了したら「確認」をクリックしますと、以下の画面が表示されるはずです。こちらで完了です。ログイン出来ましたでしょうか?

所有権を自動確認しました

サーチコンソール(Search console)の7つの機能紹介、行うべきこと

1.検索パフォーマンス

検索パフォーマンスでは、ウェブサイトに流入していくキーワードをベースに、「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」などを確認することが出来ます。実際に、どのようなキーワードで流入して来ているのか、対象のキーワードの表示回数(ボリューム)からどのくらいCTRがあり、ウェブサイトに流入して来ているのかも把握可能です。また、掲載順位も分析出来る為、施策しているキーワードの順位の推移を確認出来ます。施策キーワードが成功しているのか、改善の余地があるのかを確認する為、分析に活用してみて下さい。

※検索パフォーマンスの画面サーチコンソール 検索パフォーマンス

2.URL検査ツール

「URL検査ツール」は、Googleに対して、インデックスを促進する依頼が出来る機能になります。Google先生に「このページを検索エンジンのデータベースに保存して下さい」みたいな依頼が出来るものになります。

インデックスとは、Googleのクローラーが、ページを認識してデータベース化することを言います。インデックスがされていないということは、ページが認識されていないということになりますので、URL検査ツールからGoogle側に申請するような行為を行った方が良いです。特に新しく作成したページなど、すぐにはインデックスされませんので、(更新が多いサイトなどは、インデックスが早い傾向にある)URL検査の機能を活用することをオススメします。

以下の上の方にある検索窓の部分に、対象のURLを張り付け、クリックしてみましょう。インデックスを促進も出来ますし、現在のインデックス状況も把握することも可能です。

サーチコンソール URL検査

3.カバレッジ

カバレッジとは、サイト内のインデックス状況を確認することが出来る機能です。もし、インデックスがされていなかったら、検索順位に上がることはまずありません。ご自身のページのインデックス状況を把握するようにしましょう。

カバレッジの項目として、以下4つあります。

エラー

エラーなので、インデックスされていないということです。改善する場合は、原因を分析し、対策が必要になります。

有効(警告あり)

インデックスはされているが、このウェブサイトでは表示を希望していないのに、インデックスしてしまっている状況です。

有効

希望通り、問題なくインデックスされている状況です。

除外

意図的に、インデックスしていない状況です。または、インデックスしたい場合で除外に入っている場合、改善する必要がありますので、確認する必要があります。

※カバレッジの画面

サーチコンソール カバレッジ

4.サイトマップ

サイトマップは、検索エンジンのクローラー向けに、設定するファイルのようなものです。サイトマップがあることで、サイトを巡回しやすくなるので、クローラーが辿りやすくする為に、設定することをオススメします。WordPressのウェブサイトを作成している場合、プラグインで、「Google XML Sitemaps」がありますので、こちらを利用すると簡単に出来るかと思います。

サーチコンソール サイトマップ

5.手動による対策

手動による対策では、ペナルティについて確認が出来ます。ペナルティとは、Googleが規定している「品質に関するガイドライン」に違反したサイトのことを言います。

不自然なリンクを付けていたりすると、Googleからペナルティを受け、順位が落ちたり、元々インデックスがされていないということが置きます。最近では聞かなくなりましたが、数年前までのSEOの対策として外部リンク施策というものがありました。これは、順位を上げる為に、作為的に作成したサイトからリンクを受けるもので、低品質はコンテンツを作成し、外部リンク施策として行っていたものです。Googleは、作為的に行う施策は、「良し」とはしていない為、良くない施策をしているウェブサイトにペナルティを仮せることがありました。

もし、受けてしまった場合が、「手動による対策」の部分で、改善したことを知らせる「審査リクエスト」を行うことが出来ます。Googleに「申し訳御座いません。改善しましたので、再審査して下さい」という依頼を行うものです。

※手動による対策の画面

サーチコンソール 手動による対策

6.モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティは、モバイルでウェブサイトを閲覧した際に、問題がないか確認している項目です。

もし、問題がある場合は、「エラー」が表示されます。以下に、サーチコンソールのモバイルユーザビリティの項目を出していますが、このようにエラーが表示され、内容の説明もあります。こちらをクリックすると、対象のURLと「修正を完了しましたか?」というボタンがありますので、修正した場合はクリックをして、審査するようにしましょう。

※モバイルユーザビリティの画面

サーチコンソール モバイルユーザビリティ

7.内部リンク・外部リンク

サーチコンソールの「リンク」の部分で、内部リンクと外部リンクの数やどのリンク数が多い、どこからリンクを受けているのかを確認することが出来ます。SEOにとって、内部リンクの構築や、どこから(外部)リンクを受けるのかは非常に重要になります。なぜなら、リンクが集まっているサイトやページはGoogleから重要のページだと評価を受ける為です。(また、クローラーはリンクを辿りページを評価していくということにも関係してきます。)

ご自身のウェブサイトのリンク構造を把握してみて下さい。

サーチコンソール(Search console)とGoogleアナリティクスの連携方法

サーチコンソールとGoogleアナリティクスをすることで、Googleアナリティクスの1つのプラットフォームで、サーチコンソールの結果も確認することが出来ます。勿論、サーチコンソールでも確認は出来ますが、プラットフォームを跨いで確認しなくて済むため、便利になりますので、連携することをオススメします。

Googleアナリティクス search console

連携したあと、「集客」→「Search Console」の部分で確認することが出来ます。では、サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携する手順を紹介します。

GoogleアナリティクスのSearch Console → 検索クエリに進んで下さい

GoogleアナリティクスのSearch Console → 検索クエリをクリックすると以下の画面に進めます。赤枠で囲っている部分をクリックして下さい。「Search Console の統合を有効」にするステップに進みます。

Search Consoleの統合を有効にする

プロパティの設定画面下の「Search Consoleを調整」をクリックして下さい

Search Consoleを調整

「Search Consoleを調整」をクリック後、以下のページに遷移します

赤枠で囲っている「追加」というボタンをクリックしてみて下さい。

Search Consoleの設定 追加

そうすると、以下の「Google アナリティクスで Search Console のデータを使用する」というページに移動します。連携したいドメインにチェックを入れて下さい。

GoogleアナリティクスでSearch Consoleのデータを使用

チェックした後、「新しい関連付けを保存しようとしています。このウェブ プロパティに対する既存のSearch Consoleの関連付けは削除されます。」という文言が出ますので、「OK」をクリックして下さい。

サーチコンソールからGoogleアナリティクスの「Search Console の設定」に戻り「完了」をクリックした後、「保存」をクリックして下さい。最後に、「プロパティ設定」に再度行って頂き、「保存」ボタンをクリックしたら、サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携が完了です。

いかがでしょうか?連携は出来ていますのでしょうか?

プロパティの設定 保存

まとめ

  • サーチコンソールは、「サイト訪問前のデータ解析」を行うことが可能
  • 基本的に、SEOの管理・完全に活用するが、検索キーワードのトレンドやクリックなどが確認出来る為、メディアプランナーも把握する必要がある
  • サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携することで1つのプラットフォームで分析可能

-トラッキングツール

Copyright© Media Planning Information , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.