アドテクノロジー

アドベリフィケーションとは?

アドベリフィケーションとは?なぜ必要になってきているのか?

アドベリフィケ―ション(AD Verification)とは、「デジタル広告でブランドイメージを損なうことなく、広告が目的に沿って適切に掲載されているかを検証する」ということです。

昨今、「アドベリフィケーション」という言葉をよく耳にする機会は増えてきているのではないでしょうか?「アドベリ、アドベリ」ってよく聞くこともあると思います。その背景には、デジタル広告の仕組みの複雑化、プレイヤーが増加していることでブランド毀損や広告詐欺などの課題なども増えてきており、改善する必要が出てきている為です。

特にプログラマティック広告の配信やどこに表示されるのはなど配信面も含めてかなり複雑化になり、きちんと管理・運用を行わないと、以下の3つ課題に直面し課題が生まれてきます。

  • 広告の掲載場所が見られている場所に表示出来ているか?
  • ユーザー(人)に広告は見られているか?
  • ブランド毀損になる、違法サイト、ポルノや薬物関連、ヘイトスピーチなどに広告が掲載されていないか?

広告主からすると予算を投資しているので、企業にとってマイナスがあるように行為や詐欺行為によって生まれてしまったImpやクリックに支払うことは拒むでしょう。当然です。上記の内容を、管理し改善を行っていくためにアドベリフィケーションが求められているということになります。

アドベリフィケーション対策領域

前段でお話させて頂きました、改めてアドベリフィケーションの対策領域を纏めます。大きく3つに分かれており、この3つの領域をアドベリフィケーションのツールを駆使しながら、管理・改善に繋げていきます。

ビューアビリティ アドフラウド ブランドセーフティ

この3つの領域の詳しい情報は、以下に記載しておりますのでご覧頂ければと思います。

デジタル広告の価値毀損 「ビューアビリティ」「アドフラウド」「ブランドセーフティ」について

毀損デジタル広告の価値
デジタル広告の価値毀損。「ビューアビリティ」「アドフラウド」「ブランドセーフティ」について

はじめに 「ブランド毀損を防がなくてはいけない。」最近よくこの言葉をお聞きになっているでしょうか。広告主・代理店・媒体様々な方面でも発言されているので、世の中で関心が高い事柄になりつつあるでしょう。今 ...

続きを見る

アドベリフィケーションの基本情報

ここではアドベリフィケーションツールを導入する際の主要企業3社の紹介と対応する領域と設定について纏めております。IASさん、MOMENTUMさん、MOATさんはよく聞くツールになります。他にも、アドベリフィケーションの企業はありますので、調べてみても良いかもしれません。対応領域は、今までお話している「ブランドセーフティ」「アドフラウド」「ビューアビリティ」は勿論、トラッキング可能です。

アドベリフィケーションの基本情報

各媒体のツール導入可否

アドベリフィケーションのツール導入をご検討されている方は、ツール導入の可否を各媒体に確認を取る必要があります。例えば、DSP/アドネットワーク系の媒体で、「ビューアビリティ」「アドフラウド」「ブランドセーフティ」の項目が導入不可ということもあります(すべてではなく、どこか1つということもある)。同様に、ソーシャルメディアもあります。ソーシャルメディアは出来ることがDSP/アドネットワーク系の媒体に比較すると少ないです。(以後、導入可否のイメージで説明します)(※純広告系に関しては、ツール導入は不可の場合が多い)

以下に、DSP/アドネットワーク系とソーシャルメディアについて、アドベリフィケーション導入可能か纏めました。それぞれもう少し詳しく記載したいと思います。

媒体カテゴリとアドベリフィケーションの指標

DSP/アドネットワーク系

ポイント

  • 第三者配信(3PAS)の受入れ可否を確認し、3PAS配信可能なDSP/アドネットワークはPost Bidを実施する(3PAS配信不可なDSP/アドネットワークは、monitoringタグを設定して計測のみを実施)
  • Pre Bidが実施可能なDSP/アドネットワークはPost BidとPre Bidを併用する
  • ホワイトリスト・ブラックリストを設定する(媒体や広告主と協業する)

ソーシャルメディア系

<Youtube>

ポイント

  • サーバー間連携によって「計測」を実施可能
  • ブラックリストの設定可能
  • フィルタリング機能あり(成人向け・惨事、紛争関連を除くなど)

<Facebook/Instagram>

ポイント

  • サーバー間連携によって「計測」を実施可能

<Twitter>

ポイント

  • サーバー間連携によって「計測」を実施可能

DSP/アドネットワーク系の文章に、「Post Bid」と「Pre Bid」ということが出てきました。ここは、Supershipホールディングス株式会社のMomentum株式会社さんの記事が分かりやすかったので、リンクを記載致します。以下の引用分にも一部記載致します。

https://supership.jp/magazine/column/2975/

Post-Bid対応とは?

「Post」は「~のあとに」、「Bid」は「入札」という意味です。つまりPost-Bid対応は、入札をしたあと=広告配信をした結果、どれだけの「アドフラウド」「ブランドセーフティ」「ビューアビリティ」のリスクがあったのかを可視化し、リスクがあった場合に対応を行う方法です。

たとえば、「ブランドセーフティ」の場合で説明すると、公序良俗に反する面に配信された場合は、

  • 代替広告に差し替える
  • 背景色を被せることによってユーザーに視認されないようにする
  • クリックをさせないようにする

などの対策をとって、ブランドリスクを下げます。

ただし、広告配信自体が行われた後での対応になるため、CPM(Cost Per Mille=1000インプレッション単位の課金)形式の広告配信の場合は、インプレッション数に応じた課金が発生します。

Pre-Bid対応とは?

「Pre」は「~の前に」という意味です。Pre-Bid対応は、DSPからの広告配信リクエストがあったとき、入札をする前に、そのリクエストが事前に設定していた「リスク」(アドフラウドやブランドリスクなど)か否かを解析します。そして、もし「リスク」であった場合、Bidリクエスト自体を止めるという処理をおよそ数ミリ秒以内で処理する方法です。Pre-Bid対応はBidリクエスト自体を止めるため、広告が配信されない、つまり無駄な広告配信費が発生しないというところに特徴があります。これがPost-Bid対応ともっとも異なる点です。

ただし、

  • プラットフォーム側での設定時に追加料金がかかるケースがある
  • アドベリフィケーションベンダーとDSP等の配信プラットフォームでPre-Bid用の連携がなされている必要がある

など、一概にPre-Bidが優位とは言えないケースもあるので、事前に契約条件などを確認したほうがよいでしょう。

各媒体の対応可能リストを作成する

アドベリフィケーションを導入するにあたり、上記で必要事項を確認してきました。アドベリフィケーションのツールを契約したからといって、どの媒体(メディア)も導入出来るわけではないことが分かったかと思います。

今まで整理してきたことを以下のように、リストアップしとくと良いかもしれません。広告主の方の場合、統一した情報になりますし、代理店の方もアドベリフィケーションの導入を検討している広告主も多くいるかと思います。情報として整理しとくと、社内で流入出来る情報になります。

※情報は更新される可能性もある為、実際に導入する際は、アドベリフィケーションを取り扱いしている企業に問い合わせして下さい。

アドベリフィケーション リストアップ

まとめ

  • アドベリフィケ―ションとは、「デジタル広告でブランドイメージを損なうことなく、広告が目的に沿って適切に掲載されているかを検証する」ということ。
  • アドベリフィケーションの対応領域は、「ビューアビリティ」「アドフラウド」「ブランドセーフティ」になる。
  • 各媒体のツール導入可否を確認する必要がある。

-アドテクノロジー

Copyright© Media Planning Information , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.