アドテクノロジー

アウトストリーム動画広告とは?特徴と事例

はじめに

一般的に利用が多い動画広告は、インストリーム広告が多いのではないでしょうか?「インストリーム広告」というものは、動画コンテンツ内に表示されるもので、Youtube広告のようなことを示します。

一方「アウトストリーム広告」とは、動画の外側に表示されるものを示します。この記事では、アウトストリームに視点を当てフォーマットや特徴、アウトストリーム動画広告の一例なども紹介します。

VIDEO

アウトストリーム動画広告とは?フォーマットについて

前段で少し記載した通り、「アウトストリーム広告」とは、動画の外側に表示されるものを示します。よく利用されているであろうYoutube広告に関しては、動画コンテンツ内に表示され、それを「インストリーム広告」と呼んでいます。

アウトストリーム広告がどのような面に配信されているかと言うと、記事内に動画が差し込まれたり、ソーシャルメディアのフィード内、ゲームなどにも表示されます。これらはYoutubeなどの動画コンテンツプラットフォームではなく、動画プラットフォームの外になり、このような広告枠に表示されます。

ポイント

  • インストリーム広告:動画コンテンツ内に表示されるもので、Youtube広告のようなことを示す。
  • アウトストリーム広告:動画の外側に表示されるものを示す。記事内の枠、ソーシャルメディアのフィード内、ゲームなど

続いてフォーマットですが、一般的なフォーマットでなる「記事内動画広告」と「インフィード動画広告」の2つを紹介します。

記事内動画広告

名の通り、記事内の段落間に広告が表示されます。ユーザーがコンテンツを購読している最中に広告が表示される為、文章をきちんと読んでいる分、広告が目に付きやすい広告手法になります。

記事内広告は、モバイルのウェブサイト、アプリ、PCのウェブサイトで使用可能が一般的です。もちろん、媒体によって配信面など詳細が異なることがありますので、プラン中の媒体は確認して下さい。

以下に、適当にキャップチャーを取得した画像を紹介致します。例として取得出来たのは、「美人百花」の記事内に表示されていた広告です。記載した通り特徴としては、記事の段落と段落の間に広告が表示され、ユーザーが購読しながら広告にも触れるということです。運用効率は、配信面、オーディエンス、クリエイティブなどに左右はされますが、手法などを含めてプランニングを行うことでしっかり見られる動画広告になります。※後程、事例少し結果も紹介します。

 

アウトストリーム 配信面例

インフィード動画広告

インフィード動画広告は、記事内動画広告と同様に、コンテンツとコンテンツの間に差し込まれる広告のことです。Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャル フィード内に表示されることを示すことが一般的ですが、ニュースメディアなどもインフィード広告に該当します。

アウトストリーム動画広告の特徴とは?

アウトストリーム動画広告の特徴ですが、いくつかあると考えています。この内容は、個人的に経験に基づいた意見も含まれますので、ご参考になる部分はトライしてみて下さい。

よく聞かれるのは、インストリーム広告のYoutubeだけではダメなの?や記事内に表示されるから、動画のVTRが低いのでは?などの質問を受けることがありますので、この辺りも意見を述べたいと思います。

新しいユーザーへリーチが可能になる

Youtubeなど動画プラットフォームを見ないユーザーに対して、リーチすることが可能です。かなりのユーザーがYoutubeを活用しているとは言え、もちろん若年層含めて100%見ている訳ではない為Youtubeではリーチ出来ない層が一定層存在します。

また様々なタッチポイントで広告を表示させたいのであれば、メディアを跨る必要があるので、インストリームとアウトストリームの両方を活用することは多いです。

ある調査には、「深い態度変容はメディアを重ねないと上がりづらい」という調査結果もあり、クロスメディアでフリークエンシーを高めていくのは、重要になります。以下の記事が参考になるとか思います。

参考:【Knowledgeshare】なぜメディアを「クロス」させた方が良いのか?

記事を読みながら動画に接触する為、VTRが高くなる傾向がある

以下のように記事の段落と段落の間に広告が表示される為、記事をしっかり読んでいる方であれば、必然的に動画広告も目にします。人の目線を分析可能なテクノロジーもありますが、動画広告に目が行っているという調査も存在し、記事内に広告が表示されることで必然的に見るということです。

アウトストリーム 配信面例

また実際に、アウトストリーム動画広告とインフィード動画広告を比較した表が以下です。この結果は極端に良い結果だったので、個人的にもある媒体のアウトストリームをプランに入れて良かったと思っている事例になります。

アウトストリーム動画広告とインフィード動画広告の結果

クリエイティブをリッチに制作出来る 

アウトストリーム動画広告の場合、媒体によっては動画と静止画を組み合わせたり、テキストを記入出来たりとクリエイティブの部分でリッチにすることが可能になります。

クリエイティブをリッチすることで、目を引くということはもちろんですが、ブランドリフトにてアップリフトが大きくなるという結果もあります。「良いターゲティングは顧客を見つけ出す。良いクリエイティブは、顧客を創り出す。」という考え方がありますが、在り物の動画を活用しながら、静止画などを組み合わせ、リッチすることで効果があると考えています。

課金形態

他の標準ディスプレイ広告やネイティブ広告と同じオークション形式になり、Bidの状況に左右されます。公開オークションの広告枠とプライベート オークションで使用可能です。

アウトストリーム動画広告と他メディアの統合配信例

DV360で配信可能なアウトストリーム動画広告と他メディアのストーリーテリングについて紹介します。(※簡単にストーリーテリングと言っても、難しいのでストーリーの組み立て方は省かせて頂きます)

要するに、広告表示したユーザーに対してのみ次の動画広告を表示させるなども手法も存在し、DV360で配信可能です。(※少し前の時点でベータ版となり、事前申請が必要なので、誰でも活用出来ないのでご注意下さい)

例えば、始めは認知向けに「バナーA」を表示させ、次に検討向けに「アウトストリーム動画広告B」を表示させ、最後の購入向けに「バナーC」を表示させ、刈り取りを行うみたいなことも出来たりします。クリエイティブを順番に且つメディアを跨ぐ場合、このようなストーリーテリングでクリエイティブを見せる手法なども存在します。

アウトストリーム動画広告と他メディアの統合配信例

DV360(Display & Video 360)とは?特徴や事例を纏めている記事もありますので、ご覧下さい。

Google
DV360(Display & Video 360)とは?特徴や事例

DV360(Display & Video 360)とは? Google Marketing Platformのうちのサービスであり、Googleが所有する広告配信プラットフォーム(DSP)に ...

続きを見る

まとめ

  • アウトストリーム広告とは、動画の外側に表示されるものを示す。記事内の枠、ソーシャルメディアのフィード内、ゲームなど
  • フォーマットは、主に「記事内動画広告」と「インフィード動画広告」が存在する
  • 特徴は、「新しいユーザーへリーチが可能になる」「VTRが高くなる傾向がある」「クリエイティブをリッチに制作出来る」など

-アドテクノロジー

Copyright© Media Planning Information , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.