アドテクノロジー

YouTube広告の種類やターゲティング方法について

はじめに

メディアプランをしていく上で、YouTubeというタッチポイントは非常に重要なものになっています。昨今の市場の流れを見てもYouTubeで動画を見ているユーザーがかなり多いでしょう。そして、YouTube広告と言っても広告の種類やターゲティングが豊富に存在する為、まずは目的に応じてどのようなことが可能なのかを把握する必要があると思っています。運用者ではなく、メディアプランナーだとしてもある程度出来ることを頭に入れておくということが大事だと思っています。

Youtube広告

 

YouTube広告の種類(メニュー)

YouTube広告は、大きく分けて運用型(Auction)と予約型(Reservation)の2つに分かれています。それぞれターゲットとKPI/KGIに合わせた広告を組み合わせて、最適なメニューを活用することが重要になると思います。では、YouTube広告のメニューをブレイクダウンして説明していきます。

運用型(Auction)

「True view」と「Bumper Ads」の2つのメニューがあります。True view内にもメディアKPIよって、活用するメニューに選択肢が存在します。

True view for Reach

特徴

スキッパブル / CPM課金

目的はリーチになる為、CPMが安く運用出来ます。よって、露出量を拡大することが出来るでしょう。

True view

特徴

スキッパブル / CPV課金 or クリック課金

CPV課金 or クリック課金になる為、課金タイミングのViewまたは、クリックなどのアクションした場合のみ費用が発生します。よって、ユーザーが動画をしっかり見たまたは興味が発生した場合のみ課金される為、広告としての効率は良い可能性が高いです。また「課金が動画を見た」ということになるので、Google側も視聴しやすいユーザーにオプティマイズを掛ける為、VTRが高くなる傾向にあります。VTRを高めたいという目的の場合、True viewをオススメします。

True view Discovery

特徴

検索 / 関連動画 / CPM課金

True view Discoveryは、YouTubeの検索結果、関連動画に掲載される広告のことです。画像とテキストで構成されております。実際の掲載面は以下になります。

True view for Action

特徴

15秒以上スキッパブル / TCAP(Total Cost Per Acquisition)

入札は、「目的コンバージョン単価」になります。CAPではコンバージョンに結び付いた直接の広告コストだけで計算されるものですが、TCAPではコンバージョンに至るまでの過程も含めた最適化が掛かります。

予約型(Reservation)

マストヘッド

特徴

トップ面1日 / CPD課金

YouTubeのデスクトップとモバイルのトップページに掲載する広告になります。インパクトがある面になる為、キャンペーンローンチの認知拡大に最適なメニューになるかもしれません。バイイングは、期間になりますので期間保証になります。費用に関しては、大きな金額になりますので媒体社に確認して下さい。

基本的には純広告の考え方でバイイングすることになりますが、掲載日の21日前には、CPMマストヘッドというバイイング方法も可能になります。枠が余っていれば、CPMで運用をすることが出来ます。CPMで運用するマストヘッドは、ターゲティングも一部可能になります。以下の表をご確認下さい。

予約型(Reservation)マストヘッド セグメント一覧

Google Preferred

特徴

15秒強制視聴 / スキッパブル広告 / Bumper Ads / CPM課金(純広告形式)

Google Preferredとは、Preference Scoreというスコアの高いチャンネルのみで形成され、より高い効果を生み出すことが可能と言われています。Preference Scoreとは、YouTubeチャンネルの動画と視聴者のエンゲージメントの深さに基づき、ユーザーがどれだけ能動的な視聴をしたかをGoogleのアルゴリズムで定義したデータになります。

要するに、YouTube内でも特に人気の高いコンテンツ(チャンネル)で広告主のブランディングしていくものです。Preference Scoreが高い上位5%に該当するコンテンツ(チャンネル)から厳選しているらしいので、かなりの人気コンテンツに広告を配信することが可能になります。

Preference Scoreが高い上位5%のコンテンツに配信することはメリットが気になりますよね?CPMもTrue viewより高くなりますし。それは、Preference Scoreが高いコンテンツでの広告配信は、視聴者とのエンゲージメントが高く、認知度を上げる効果がさらに高まると言われています。

以下にGoogle Preferredの詳細を纏めていますので、ご興味があればご覧ください。

YouTube Google Preferred
Google Preferredとは?

Google Preferredの概要と特徴 Google Preferredは、YouTube内に掲載される広告です。YouTube広告には、様々な広告メニューが存在しますが、この記事ではGoogl ...

続きを見る

YouTube広告のターゲティング

YouTube広告で可能なターゲティング手法をご紹介します。予算が限られる為、当然ながら効率良く広告を配信していくことになるかと思いますので、ある程度可能なターゲティングは覚えていた方がプランニングする際に役に立つと思います。

ユーザー属性グループ

年齢や性別、子供の有無、世帯収入を選択することが出来ます。操作方法は、チェックボックスを外すのみになりますので、設定は簡単かと思います。では、もう少しブレイクダウンしていきます。

年齢

年齢については、大体10才刻みで設定することが可能になります。18-24 / 25-34 / 35-44 / 45-54 / 55-64 / 65才以上 / 不明 という区分になっています。ちなみに、18才以下のターゲティングは項目自体が存在しないので、設定不可になっています。

性別

男女ともにターゲティングは可能です。「不明」という項目もありますので、特定できない性別もありますのでご認識頂ければと思います。

子供の有無

広告主の商材が「子供の有無」のターゲティングが必要な場合ご活用下さい。もし特に関係ないのであれば、ボリュームも少なくなる為、特に設定は必要ないと思います。

世帯収入

Googleが定義する世帯収入のターゲティングも設定可能です。 上位10% / 11-20% / 21-30% / 31-40% / 41-50% / 下位50% / 不明 という区分になっています。

詳しいユーザー属性

大学生、住宅所有者、最近子供が生まれたユーザーなど、さらに深堀した特徴を持つユーザーにもターゲティングすることも可能です。

アフィニティ(興味・関心)

Googleが定義しているアフィニティ(興味関心)カテゴリ内で、そのトピックに関心があるユーザーをターゲットに設定できます。オーディエンスの設定になる為、あるユーザーが別のトピックに関連するページにアクセスしているときでも広告が表示されます。例えば、「スポーツ、フィットネス」のオーディエンスを活用し、ユーザーが「旅行」関連のウェブサイトを見ていたとしても、スポーツ関連の広告が表示されるということです。

アフィニティは、「人」ベースのターゲティングになるということです。

既存のアフィニティは、100項目以上ありますので、ぜひマッチするアフィニティを探してみて下さい。キーワードでも探すことが出来ます。

アフィニティ(興味・関心)

カスタム アフィニティ カテゴリ

上記のアフィニティと何が異なるのか?と思った方もいるかと思います。カスタム アフィニティはご自身でターゲティンを作成することが可能です。アフィニティはツール上に既存のターゲティングを活用することになります。ブランドに合わせてよりターゲットを絞ったカスタムなアフィニティを作成したい方向けになります。

カスタム インテント オーディエンス

購買決定プロセスにいるであろうユーザーに広告を配信することが出来ます。Googleが定義するコンバージョンに近いユーザーにアプローチするという意味です。こちらもカスタムになりますので、既存のターゲティングは活用せず、ご自身の作成することになります。

購買意向の強いオーディエンス

広告主のサービスや商品に類似するものを調べていたり、購入しようと考えているより購買に近いユーザーにターゲティングします。Googleの既存カテゴリを選定することになります。

ライフイベント

以下の表にあるように、マイホームの購入、大学卒、定年退職、引越し、新しいペット、結婚などの新しい生活に関わるようなターゲティングを設定することが出来ます。

購買意向の強いオーディエンス

動画リマーケティング

リマーケティングリストを作成すれば、動画のリマーケティングを行うことが出来ます。動画のリマーケティングについては、注意点などもありますので、別の記事で説明しようと思います。

コンテンツ:広告を表示する場所

キーワード、トピックまたはプレースメントでリーチを絞り込めます。ターゲティングの考え方としては、「人」ベースではなく、「面」となります。

YouTubeのリーチプランナーについて

最後に、YouTubeのボリュームを確認出来る「リーチプランナー」を紹介しようと思います。

「リーチプランナー」は、投資に対して、どのくらいリーチできるかを調査するツールになります。効率もGoogleシミュレーションしてくれます。またオーディエンスを設定して、シミュレーションすることも可能になりますので、広告主のターゲットに合うように、カスタマイズしてリーチを計算してみると良いかもしれません。

YouTubeのリーチプランナー

まとめ

  • YouTubeには「運用型」と「予約型」が存在する。
  • ターゲティングも様々なGoogleデータを活用することが出来、ターゲットしたいユーザーにアプローチが可能になる。

-アドテクノロジー

Copyright© Media Planning Information , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.